×
治療一覧
医院一覧
記事一覧
WEB問診
ブランドパートナーの方へ
各種情報

WEB予約

LINE予約

WEB予約

LINE予約

AGA

バイアグラは薬局で買えるのか?解説します。



左矢印

バイアグラは最初に承認されたED治療薬で、世間でもよく名前が知られており、試してみたいという男性も多いことでしょう。薬局で探してみたものの見つからず、結局そのままになってしまった方や、代わりに精力剤を買ってみたという方も多いのではないでしょうか。この記事では、バイアグラの購入方法(どこでどのように買えるのか)や、類似品(精力剤など)との違いについて解説していきます。また当院ではオンライン診察を実施しており、遠方に住んでいらっしゃる方でもED治療を実施できます。本窓口は当LINEからになるので、是非ともお気軽にご相談ください。

友だち追加

バイアグラは薬局で市販されていない

結論から言えば、バイアグラは市販されておらず、薬局に行けば買えるというものではありません。

必ず医療機関を受診して医師から処方してもらう必要があります。処方箋を持っていけば薬局で買うことができますが、市販の薬のように利用者が自分の判断で購入するというわけにはいかないのです。

もちろんインターネットの薬局でも購入できません。

インターネットで検索すると、バイアグラのジェネリックを販売しているサイトがたくさんヒットしますが、そうしたサイトで扱われているのは日本国内で承認された医薬品ではありません。偽造品も多く混じっており、利用は完全に自己責任となります。

バイアグラはなぜ薬局で買えない?薬局にある薬の種類

薬局

医薬品には医療用医薬品(処方箋薬)と市販薬があります。[1]

医療用医薬品は効き目がはっきりしている反面、副作用のリスクが高かったり、使用方法に特別な注意が必要であったりします。そのため、医師が診察や検査を行ったうえで、医学的な判断に基づいて薬剤の種類や量を決めて処方するように定められています。

バイアグラを初めとするED治療薬は医療用医薬品であり、医師の処方が必要です。。

市販薬には要指導医薬品と一般用医薬品があります。[2]

要指導医薬品は医療用医薬品から市販薬に移行して間もない薬で、市販薬としての安全性が確立していないため、薬剤師が対面で情報提供を行った上で販売する必要があります。

一般用医薬品は副作用のリスクなどに応じて3つのレベル(第一類~第三類)があり、インターネットで購入することも可能です。

2017年には世界で初めてバイアグラの市販が英国で承認されました。[3]

将来的には、日本でもバイアグラが医療用医薬品から市販薬に転用され、要指導医薬品などとして販売されるようになる可能性もないわけではありません。

薬局で市販されているのはED治療薬ではなく「精力剤」や「滋養強壮剤」

薬局に行くと、「精力」や「勃起力」、「男性機能」の回復・向上をうたった商品が並んでいます。これらは「精力剤」や「滋養強壮剤」などと呼ばれ、一般用医薬品・医薬部外品・食品(サプリメント)のいずれかに該当します。

一般用医薬品として売られている精力剤には、男性更年期障害(LOH症候群)の治療薬が含まれます。

男性更年期障害というのは、40代後半頃からテストステロン(男性ホルモンの一種)の低下により引き起こされるもので、EDも症状に含まれます。更年期障害向けの精力剤にはテストステロンと同じ働きをする成分が配合されており、塗布や内服によりテストステロンを補充することができます。

そのほか、以下のような効能をうたった医薬部外品やサプリメントが売られています。

●血管を拡張し血流を促進(勃起は陰茎海綿体に血液が流れ込むことで起こるため、血管を拡張すれば勃起が起こりやすくなると考えられる)

●心身の働きに必要な栄養素(とくに生殖機能に影響するとされる栄養素)を補い、活力・行動力・精力を向上

薬局で売られているED向け商品とED治療薬の違い

薬局で売られている精力剤などの商品とED治療薬では、働きが根本的に異なります。

ED治療薬の働き

バイアグラなどのED治療薬は、PDE5阻害剤と呼ばれます。

勃起は、性的興奮が脳から神経を伝って陰茎に伝わり、その刺激で様々な反応が起こり、最終的に陰茎海綿体に血液が流れ込むことで起こります。PDE5という物質は、勃起を静める働きをします。勃起を起こす力と静める力(PDE5の働き)がバランスよく働くことで、勃起が適切にコントロールされているのです。

ED男性の場合、勃起を起こす力が何らかの原因で低下しているため、治療薬でPDE5の働きを適度に低下させてバランスを取ることにより、勃起を正常な状態に近づけることができます。[4]

勃起には血管系・循環器系・神経系の様々な部分が関わり、男性ホルモンの働きや心理的な状態も影響します。EDの原因は人によって様々で、いくつかの要因が重なって生じるのが一般的です。

ED治療薬(PDE5阻害剤)は、勃起が最終的に起こる現場(陰茎海綿体周辺)を変化させて勃起しやすい状態を作ります。そのため、どんな原因でEDが発症しているのかにかかわらず、多くの人に改善効果が期待できるのです。

市販の精力剤などの働き

サプリメント

一方、市販されている精力剤などは、EDの要因の一部(テストステロン、血管)だけを改善したり、体に栄養素を補給したりすることでEDを改善しようとします。

しかし、EDの大半は複数の要因が重なって生じているため、精力剤で要因の一部だけを改善できたとしても、EDがよくなる保証はありません。

それに、市販薬は医療用医薬品に比べて効果が穏やかであるため、十分に要因が改善される(例えばテストステロンが十分に補充できる)とも限りません。医薬部外品やサプリメントにいたっては、そもそも要因を改善する働きがあるかどうかも医学的に不明です。

また、特定の栄養素を摂取することでEDが改善できるという医学的な証拠は存在しません。

バイアグラの購入方法

バイアグラは医療機関で処方してもらう必要があります。近年ではオンラインで診療・処方を行っているクリニックも存在します。

インターネット通販(個人輸入代行)でもED治療薬と称する薬を購入できますが、使用には大きなリスクを伴います。

医療機関の対面診療で処方してもらう

サプリメント

EDの対面診療では、問診で勃起や性生活の状況、生活習慣、服薬中の薬の有無などが聞かれ、それに基づいてEDかどうか診断されます。

EDと診断されると、ED治療薬を服用しても問題ないかどうかを調べるための検査(血液検査など)が行われ、問題なければ薬が処方されます。

ED治療薬はクリニック内で受け取れるようになっている場合が多いようです。そうでない場合は、処方箋をもらって院外の薬局に出向き、治療薬を購入します。

再診時には、薬の効き目や副作用などについて質問されます。ED治療薬が効かなかった場合、より専門的な医療機関で陰茎に対して精密な勃起機能検査を行い、治療薬以外の方法を検討します。

医療機関のオンライン診療を利用する

EDの診察と治療薬の処方をオンライン(電話やアプリ)で受けることができます。治療薬や処方箋は自宅などに郵送されます。対面診療に抵抗がある方はオンライン診療を検討してみてください。

インターネット通販を利用するとどうなる?

インターネット通販(個人輸入代行)で入手できる医薬品は日本では未承認の海外製医薬品で、品質・有効性・安全性の面で問題があります。さらには、偽造品の恐れもあります。
ED治療薬はとくに偽造品が多いことが確認されており、日本でも偽造ED薬の使用で重篤な副作用が生じた例があります。[5]

正規の医薬品を適正に使用して重大な健康被害が生じた場合、医薬品副作用被害救済制度による救済給付を請求することが可能ですが、個人輸入の医薬品はこの制度の対象になりません。[6]

まとめ

医学的に効果が確認されているED治療薬は医師の処方がなければ購入できません。薬局で市販されている精力剤などはED治療薬とは働きがまったく異なり、EDに有効かどうか不明です。個人輸入代行は様々な問題がありおすすめできません。

EDで悩んだら、医療機関を受診して適切な治療薬を処方してもらいましょう。

<リファレンス>
※1)[1] 医師が処方するくすりと市販のくすりはどのようにちがうのですか?(Pmda)
https://www.pmda.go.jp/safety/consultation-for-patients/on-drugs/qa/0025.html
※2)[2] OTC医薬品の販売方法について(日本OTC医薬品協会)
https://www.jsmi.jp/what/index2.html
※3)[3] ED治療薬のバイアグラ、英国で世界初の「市販薬」販売へ(ロイター)
https://jp.reuters.com/article/pfizer-britain-viagra-idJPKBN1DT0HY
※4)[4] 男性更年期Ⅱ 勃起障害(国立病院機構京都医療センター 泌尿器科)
https://kyoto.hosp.go.jp/html/guide/medicalinfo/urology/description03.html
※5)[5] ED診療ガイドライン第3版 52ページ(日本泌尿器科学会)
https://www.urol.or.jp/lib/files/other/guideline/26_ed_v3.pdf
[6] 健康被害などリスクにご注意!海外からの医薬品の個人輸入(政府広報オンライン)
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201403/2.html

AGA

関連記事

LIST OF COLUMN


2021/04/01 AGA フィナステリドとミノキシジルの効果|併用療法や男女での違いも解説

2021/03/30 AGA AGAの内服治療 「いつ生える?」の発毛経過とボリューム変化

2021/03/29 AGA 年齢で考えるAGA治療「何歳からスタートすべき?」が愚問なワケ

2021/03/27 AGA 【クリニック監修】AGA治療薬の服用は一生続く?服用量の変化は?

2021/03/14 AGA オナニーでAGA!?薄毛・抜け毛・ハゲるとされる理由 3説のウソ

2021/03/13 AGA 白髪でも薄毛(AGA)治療は可能? 黒髪が生える?白髪は治る?

2021/03/03 AGA 薄毛外来「AGA専門クリニック」はここをチェック(5項目)!

2021/01/06 AGA This post

2021.04.01

AGA

フィナステリドとミノキシジルの効果|併用療法や男女での違いも解説


2021.03.30

AGA

AGAの内服治療 「いつ生える?」の発毛経過とボリューム変化


2021.03.29

AGA

年齢で考えるAGA治療「何歳からスタートすべき?」が愚問なワケ


2021.03.27

AGA

【クリニック監修】AGA治療薬の服用は一生続く?服用量の変化は?


2021.03.14

AGA

オナニーでAGA!?薄毛・抜け毛・ハゲるとされる理由 3説のウソ


2021.03.13

AGA

白髪でも薄毛(AGA)治療は可能? 黒髪が生える?白髪は治る?


2021.03.03

AGA

薄毛外来「AGA専門クリニック」はここをチェック(5項目)!


2021.01.06

AGA

This post