×
治療一覧
医院一覧
記事一覧
WEB問診
予約の方へ
インフルエンサー向け
各種情報

WEB予約

LINE予約

WEB予約

LINE予約

AGA

医療脱毛の痛みは耐えられない?部位による違いや痛み軽減方法について



左矢印

医療用レーザー脱毛に興味がある方は、「医療脱毛は痛い耐えられない」という評判を一度は聞いたことがあるでしょう。痛みを伴うのは本当です。医療用レーザーの痛みは局所が加熱されることによるもので、「輪ゴムで弾かれたような痛み」とよく形容されます。
一方、脱毛機や施術方法には痛みを軽減するさまざまな工夫が取り入れられています。痛みが不安だという方のために、どのクリニックでもたいていは麻酔を用意してあります。
医療用レーザー脱毛に痛みはつきものですので、どこにどんな痛みがあり、どんな軽減法があるかを知っておいたほうが、より安心して施術に臨めるかと思いますので、以下にそのあらましを紹介いたします。

医療用脱毛が痛みを伴うわけ

医療脱毛の痛み

医療用レーザー脱毛は毛の根元を熱によって損傷する施術です。毛の周辺にも多少熱が発生しますので、それが痛みとして感じられ、時として耐えられない方もいらっしゃるのが事実です。

医療用レーザー脱毛は毛の源を間接的に攻撃

毛は剃ったり抜いたりしても時間が経つとまた伸びてきます。毛が生えてこないようにするためには、毛自体ではなく毛を生み出している源の方を破壊しなければなりません。毛の源は毛包(もうほう)と呼ばれ、毛穴の一番奥に存在します。医療用レーザー脱毛では外側からエネルギーを加えてじわじわと毛包を攻撃します。

医療用レーザーを毛の生えている部分に照射すると、毛の中に豊富に存在するメラニン色素にレーザーのエネルギーが吸収されて熱に変わり、その熱が毛から毛包に伝わります。十分な量の熱が加わると毛包の細胞が損傷され、毛を生み出す力を失い、脱毛状態になります(※1)。

医療用レーザー脱毛の痛みの原因は熱

毛自体には痛覚がないため、熱せられても痛くはありません(はさみで切っても痛くないのと同じです)。医療用レーザーを当てたときに痛いのは、熱が集中する毛包部分と、毛の周りの皮膚です。

メラニンは皮膚にも存在しているため、レーザーを浴びると局所的に加熱されて痛みが走ります(※1)。やけどのリスクもあり、慎重な施術が必要です。レーザーは普通の光と違って狭い範囲にしか広がらない性質を持っていますが、それでも毛の周囲部にレーザーが当たることは防ぎようがありません。そのため、医療用レーザー脱毛では皮膚にも痛みが出てしまうのです。

毛包を破壊して長期的な脱毛効果を得る施術(いわゆる「永久脱毛」)は医療行為であり、エステサロンなどでは行うことができません。医療用レーザー脱毛はエステ脱毛よりも痛みは大きくなりがちですが、毛包を破壊できるほどのエネルギーを投入する以上はいたしかたないことです。

皮膚にメラニンが多いほど痛い

皮膚にメラニンが多いほどレーザーによって大きな熱が発生し、強い痛みをもたらします。痛みだけでなく熱傷(やけど)が生じるリスクも高くなるため、メラニンの多い部位に対してはとくに慎重に施術が行われます。

メラニンの量は肌の色に反映し、量が多いほど皮膚の色は濃く(黒く)なります。日本人の肌は白人に比べればメラニンが多めで、レーザーによる痛みや熱傷を伴いやすい性質があります(※1)。日本人の中にも色白の人もいれば色黒の人もいて、メラニンの量が違います。色黒の人ほど痛みが出やすく、熱傷の危険が高いため施術が難しい場合もあります。

体の部位によっても肌の色合いは異なります。色が濃い部位(色素沈着で黒ずんでいる箇所)や日頃から日に当たっている部位ほど痛みが出やすくなります。黒く日焼けしている箇所にはレーザー脱毛は行えません。

毛が根深く、密集しているほど痛い

毛深い毛への医療脱毛

医療用レーザーには波長の短いタイプ(アレキサンドライト)、中くらいのタイプ(ダイオード)、長いタイプ(YAG)があります。アレキサンドライトより波長が短いルビーレーザーというものもありますが、メラニンが多めの日本人の肌には適さず、脱毛では使用されません。波長が短い方がエネルギーが強いため、毛包を急速に破壊でき、痛みも比較的少ないというメリットがあります。しかし、皮膚の奥には届きにくいのが難点です。

男性の髭など、毛が皮膚の深いところから生えている箇所では、長い波長のレーザーを使う場合が多くなります。ところが、長波長レーザーは痛みが強いという欠点があります。

毛が密集して生えているところも痛みが強くなりやすい部位です。レーザーが当たる範囲に多数の毛が生えているため、それだけたくさんの箇所が加熱され、痛みが増すことになります。

毛包を直接攻撃する医療用電気脱毛はもっと痛い

毛包を破壊する脱毛法は医療用レーザー脱毛以外にもう一つあります。毛穴に針を差し込み電流を流して毛包を破壊する方法で、電気脱毛(針脱毛、ニードル脱毛)と呼ばれます。レーザー脱毛よりも痛みが強く、毛穴1本1本に針を差し込まなければならないので患者にかなり忍耐を強います。

部位別の痛みの目安

医療用レーザー脱毛で生じる痛みには個人差があり、毛の生え方や肌の状態、心理的な要因などに左右されます。とは言え人間の体は大体似通っていますので、痛みが出やすい部位、出にくい部位というのはある程度決まっています。ここでは部位ごとの痛みの目安を紹介します。

腕・胸|毛が細く、比較的痛みは少ない

前腕(ひじから手首)の毛は比較的細くて浅いので、痛みは小さめです。二の腕はさらに毛が薄くて少ないためさほど痛みはありませんが、産毛が硬毛化するというやっかいな副作用が出やすい箇所です。胸も比較的毛が細く、色素沈着が少ないため、小さな痛みですみます。

すね|毛が密集しており、やや痛みは強い

すね毛は腕の毛よりも太く、密集しているため、やや痛みが強くなります。

髭|毛が根深く密集しており、かなり痛い

髭は体毛の中でもとくに根が深いため、痛みを感じやすい長波長のレーザーを用いる必要があります。毛が密集していることもあり、痛みはかなり強めです。

ビキニライン・陰茎・肛門周り|色素沈着が強く、かなり痛い~耐えられない

陰部や肛門のあたりは一般的に色素沈着が強いため、非常に痛みが生じやすい部位です。ビキニラインと陰茎は髭と同程度で、肛門部はさらに痛みが強くなります。

痛みを軽減する工夫

熱が生じる医療脱毛

最後に、医療機関で使われている痛み軽減方法を紹介します。医療用レーザー脱毛にはある程度の痛みはつきものですが、違和感があったら遠慮なく医師に相談することをおすすめします。

レーザーの機種や施術方法による痛み軽減

痛みと副作用のリスクを軽減するもっとも基本的な対策は、レーザーの種類(波長)、出力、照射時間などを脱毛部位に即して適切に選択することと、照射部位を冷却することです。

医療用レーザー脱毛機には何らかの冷却装置が備えつけられているのが通例です。照射前・最中・後に冷却ガスを吹きつけたり、器具の先端(肌に触れる部分)を低温にしたりすることで、肌の加熱を抑え、痛みを軽減します。

施術部位をつまむようにして器具の中に吸い込み、レーザーが当たる面積を小さくして痛みを軽減する機種もあります。蓄熱式と呼ばれる機種では、低エネルギーのレーザーを施術箇所に断続的に照射し、重ね打ちによって徐々に加熱します。高エネルギーを一気に照射するよりも痛みが生じにくく、患者さんの反応を見ながら調節しやすいというメリットがあります(※2)。

麻酔による痛み軽減

医療機関で脱毛を受ける一番のメリットは「永久脱毛」が可能であることですが、麻酔を使えることも大きなメリットと言えます。レーザー脱毛に用いる麻酔で代表的なのは麻酔クリームと笑気ガス麻酔です。局所麻酔注射を使う場合もあります。

麻酔クリームを塗るとその部分だけ感覚が鈍くなります。効果が現れるまでに30分程度かかり、まれに肌に合わないことがあります。

笑気ガス麻酔は歯科医院でも用いられている麻酔法で、ガスを吸い込むとお酒に酔ったような状態になり、気分がゆったりとして感覚が鈍くなります。痛みの感覚が弱まり、痛みに対する不安もやわらぐ効果が期待できます。人によっては不快感や吐き気をともない、お酒に強い人には効きにくいことがあります。

痛みがとくに強い部位では局所麻酔注射を使うケースもあります。注施術箇所に注射するとその部分の感覚だけが鈍ります(歯科医院でおなじみの麻酔法です)。

麻酔は患者さんの希望に応じて用いられます。どの麻酔を用意しているかはクリニックによって異なるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

<リファレンス>
※1)日本レーザー医学会誌2012 年 32 巻 4 号 p. 444-451「光が皮膚に与える影響」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jslsm/32/4/32_444/_pdf/-char/ja
※2)第40回日本レーザー医学会総会抄録集「シンポジウム5 皮膚科・形成外科における最新レーザー治療:美容 S5-4 脱毛ニーズの多様化と脱毛レーザー機器の進化」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jslsm/40/3/40_jslsm-40_0049/_pdf/-char/ja

AGA

関連記事

LIST OF COLUMN


2021/04/01 AGA フィナステリドとミノキシジルの効果|併用療法や男女での違いも解説

2021/03/30 AGA AGAの内服治療 「いつ生える?」の発毛経過とボリューム変化

2021/03/29 AGA 年齢で考えるAGA治療「何歳からスタートすべき?」が愚問なワケ

2021/03/27 AGA 【クリニック監修】AGA治療薬の服用は一生続く?服用量の変化は?

2021/03/14 AGA オナニーでAGA!?薄毛・抜け毛・ハゲるとされる理由 3説のウソ

2021/03/13 AGA 白髪でも薄毛(AGA)治療は可能? 黒髪が生える?白髪は治る?

2021/03/03 AGA 薄毛外来「AGA専門クリニック」はここをチェック(5項目)!

2021/01/06 AGA This post

2021.04.01

AGA

フィナステリドとミノキシジルの効果|併用療法や男女での違いも解説


2021.03.30

AGA

AGAの内服治療 「いつ生える?」の発毛経過とボリューム変化


2021.03.29

AGA

年齢で考えるAGA治療「何歳からスタートすべき?」が愚問なワケ


2021.03.27

AGA

【クリニック監修】AGA治療薬の服用は一生続く?服用量の変化は?


2021.03.14

AGA

オナニーでAGA!?薄毛・抜け毛・ハゲるとされる理由 3説のウソ


2021.03.13

AGA

白髪でも薄毛(AGA)治療は可能? 黒髪が生える?白髪は治る?


2021.03.03

AGA

薄毛外来「AGA専門クリニック」はここをチェック(5項目)!


2021.01.06

AGA

This post