×
治療一覧
医院一覧
記事一覧
WEB問診
予約の方へ
インフルエンサー向け
各種情報

WEB予約

LINE予約

WEB予約

LINE予約

AGA

クラミジアの症状・治療・放置リスクについて



クラミジアに関する基礎知識

左矢印右矢印

クラミジアに関する基礎知識

クラミジアは日本で最も多い性感染症で、クラミジア・トラコマチスという病原菌が原因です。クラミジアは、すでに感染している人との性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)で感染し、尿道や肛門、のどなどに炎症が起きます。クラミジアは若い人に感染者が多く、1回の性行為で30-50%の確率で感染するといわれています。また、クラミジアは、ほとんどの人が症状を感じないので気付かないままパートナーにうつしてしまう可能性が高いです。クラミジアに感染すると男性の場合には尿道炎から精巣上体炎になり、女性の場合には子宮頚管炎から骨盤内の炎症を起こします。男性、女性共に、不妊症の原因になることがあるので注意が必要です。検査では、尿や膣、肛門の分泌物、うがい液、血液などを調べます。治療は抗菌薬の服用ですが、耐性菌の場合には効かないことがあります。そのため、治療後に完治しているかどうかの検査を受けることが大切です。

クラミジアの感染原因

クラミジアは、性行為によってクラミジア・トラコマチスという病原菌に感染することが原因で発症します。近年では、オーラルセックスが一般的に行われるのでクラミジアがのどに感染することも多いです。キスや回し飲み程度では、感染するリスクはとても低いといわれています。お風呂や温泉での感染の報告はありません。クラミジアに感染してから症状が出るまでは1週間から3週間といわれていますが、症状を自覚しない人も多いです。感染に気付かないまま、パートナーにクラミジアをうつしてしまっている可能性があります。

男性におけるクラミジアの症状


男性のクラミジア

クラミジアに男性が感染すると、まず尿道炎を起こします。クラミジアによる尿道炎では、尿道のかゆみや不快感、排尿時の軽い痛み、尿道からのうみ、発熱などの症状が起きます。尿道から出るうみは透明で、さらさらしていて量は少ないです。朝起きた時に、下着についているのに気付くこともあります。一方で、クラミジアと同時に感染することも多い淋病における尿道炎では、排尿痛が強く、うみもねばねばしていて黄色いです。(淋病による尿道炎の20-30%においてクラミジアを合併しているといわれています。)
クラミジアが尿道を通って前立腺や精巣まで入りこんでしまうと、前立腺炎や精巣上体炎を引き起こすこともあります。精巣上体炎になると、精巣の痛みや赤み、腫れなどの症状が出ます。

オーラルセックスでのどにクラミジアが感染すると、咽頭炎のような症状が出ます。具体的には、発熱、のどの痛み、のどの腫れなどです。ただし、症状が出ることがほとんどなく気付かれないことも多いといわれています。また、性器に感染した場合より、のどに感染した場合の方が治療に時間がかかるという報告があります。
アナルセックスで直腸にクラミジアが感染した場合には、肛門周囲の痛み、肛門からの出血、肛門からの分泌物、直腸の粘膜の変化などが起きます。
クラミジアに感染している体液が目に入ったり、体液がついた手で目をこすったりすると目に感染することもあります。クラミジアが目に感染した場合には、めやにや目の充血、まぶたの腫れなどの症状が出ます。

放置リスク

クラミジアは治療をしないと自然に治ることはありません。治療をせずに放置していると、病状が徐々に進行し、体の奥へとクラミジアが入りこみます。例えば、男性の場合には最初は尿道炎だったのに、放置していると前立腺や精巣までクラミジアが入りこんで炎症を起こします。また、クラミジアに感染したまま放置しているとパートナーにうつしてしまう可能性が高いので注意が必要です。パートナーが感染していると、もし自分が治療をしたとしても再び感染してしまいます。

検査方法について

左矢印右矢印

クラミジア検査

クラミジアの検査には、抗原検査と抗体検査の2種類があります。抗原検査では、尿や膣分泌物、うがい液、肛門分泌液などから調べることができ、感染して24時間以上経過後から検査を受けられます。クラミジア感染の診断には、抗原検査が用いられることが多いです。

一方で、抗体検査は血液中のクラミジアに対する抗体の有無を調べます。検査は、感染して4週間経過後から受けられます。クラミジアに対する抗体検査では、IgA抗体とIgG抗体を測定します。一般的に、クラミジアを含めた感染症では、まずIgM抗体が1週間以内に血液中で上昇し、治療の有無は関係なく約2か月以内に陰性になります。また、IgM抗体は再感染の場合には上昇しません。次に、感染から約1か月が経過するとIgG抗体が上昇し、数年間は上昇したままになります。IgA抗体は、IgG抗体の上昇より遅く、感染から約5-6週間で上昇し、数年間は上昇したままになるといわれています。そのため、基本的に感染症における診断のために抗原検査だけでなく、IgM抗体の検査を行うことが多いです。しかし、クラミジアではIgM抗体の上昇が十分ではなく、診断に用いることができないため、IgG抗体とIgA抗体が測定されています。ただし、IgG抗体およびIgA抗体が陽性の場合には、現在の感染か過去の感染かわかりません。抗体検査はクラミジアのスクリーニング検査として用いられることがあるものの、抗原検査の結果との一致率も30%と低いことがわかっています。そのため、抗原検査を行えないような体の深部感染、例えば副睾丸炎、卵管炎、骨盤内感染症などに対して行われることがあります。
次に、体の部位によって具体的にどのように検査をするか説明します。性器クラミジア検査では、男性の場合には尿を、女性の場合には綿棒を使って膣からの分泌物をとって調べます。咽頭クラミジア検査では、生理食塩液で15秒間うがいをして、そのうがい液を調べます。肛門クラミジアの場合には、細い綿棒を数センチメートル肛門に入れて分泌物を調べます。

治療法について

クラミジアは、抗菌薬で治療します。マクロライド系またはキノロン系の抗菌薬が治療に用いられることが多いです。抗菌薬は服用の仕方ですが、クラミジアの場合には内服で治療します。例えば、ジスロマックであれば1gを1回内服します。クラリスロマイシンの場合には、200mgを1日2回、7日間内服します。ニューキノロン系に属するレボフロキサシンでは、500mgを1日1回で7日間内服することが推奨されています。クラミジアの症状の出方が重症の場合には、ミノサイクリン100mgを1日2回で3-5日間、点滴で投与します。最初に処方した抗菌薬が効かない可能性もあるので、検査結果を見ながら抗菌薬の種類は適宜変更することがあります。

クラミジアは症状が出にくいため、治療をして完全に治っているかどうかは症状の改善ではなく、抗原検査を用いて行うことが多いです。治療後2-3週間が経過したら、検査でクラミジアが完治したかどうかを確認してもらうとよいです。
また、クラミジアは他の性感染症と同様に、パートナーと一緒に治す必要があります。もしパートナーが感染しているのに症状があまりないから、と放置しているとせっかく治療したとしても、またパートナーからうつされてしまう可能性があります。
クラミジアは、のどや膣、尿道、肛門などのクラミジアが存在する場所が性行為によって、直接パートナーの粘膜に触れることで感染します。性行為を行う時には、オーラルセックスを含めてコンドームを正しく着用することが大切です。また、不特定多数との性行為や性風俗店の利用はクラミジアの感染リスクが高くなるので避けた方がよいです。

AGA

関連記事

LIST OF COLUMN


2021/04/01 AGA フィナステリドとミノキシジルの効果|併用療法や男女での違いも解説

2021/03/30 AGA AGAの内服治療 「いつ生える?」の発毛経過とボリューム変化

2021/03/29 AGA 年齢で考えるAGA治療「何歳からスタートすべき?」が愚問なワケ

2021/03/27 AGA 【クリニック監修】AGA治療薬の服用は一生続く?服用量の変化は?

2021/03/14 AGA オナニーでAGA!?薄毛・抜け毛・ハゲるとされる理由 3説のウソ

2021/03/13 AGA 白髪でも薄毛(AGA)治療は可能? 黒髪が生える?白髪は治る?

2021/03/03 AGA 薄毛外来「AGA専門クリニック」はここをチェック(5項目)!

2021/01/06 AGA This post

2021.04.01

AGA

フィナステリドとミノキシジルの効果|併用療法や男女での違いも解説


2021.03.30

AGA

AGAの内服治療 「いつ生える?」の発毛経過とボリューム変化


2021.03.29

AGA

年齢で考えるAGA治療「何歳からスタートすべき?」が愚問なワケ


2021.03.27

AGA

【クリニック監修】AGA治療薬の服用は一生続く?服用量の変化は?


2021.03.14

AGA

オナニーでAGA!?薄毛・抜け毛・ハゲるとされる理由 3説のウソ


2021.03.13

AGA

白髪でも薄毛(AGA)治療は可能? 黒髪が生える?白髪は治る?


2021.03.03

AGA

薄毛外来「AGA専門クリニック」はここをチェック(5項目)!


2021.01.06

AGA

This post