×
治療一覧
医院一覧
記事一覧
WEB問診
予約の方へ
インフルエンサー向け
各種情報

WEB予約

TEL予約

WEB予約

TEL予約

AGA

どんな人がやるべき!?マイヤーズカクテルの効果について



マイヤーズカクテル療法の歴史

左矢印右矢印

マイヤーズカクテルの処方

マイヤーズカクテルとは、アメリカの医師ジョン・マイヤーズが開発した、ビタミンとミネラルによる点滴療法のことです。人間の体内に存在する栄養素であるビタミンやミネラルの点滴療法で、個々の症状や身体の状態に合わせて必要な有効成分を静脈内に投与できるため、経口で摂取するよりも高い効果で身体に働きかけることができる点滴療法です。

アメリカのメリーランド州ボルティモアで開業しているジョン・マイヤーズ医師は30年以上にわたり、喘息、慢性疲労、鬱病などを疾患している患者に対して、ビタミンやミネラルの点滴で治療を行いました。
マイヤーズ医師の治療はアメリカ国内で話題になり、沢山の患者が訪れていました。

マイヤーズ医師は1984年に死去。 
マイヤーズ医師に代わってこのビタミンやミネラルを点滴で補充する療法を世間に広めたのがペンシルバニア州カーライル市で開業していたアラン・ガビー医師です。

ガビー医師は当時に自分が診察を担当していた患者からマイヤーズ医師が提供していたビタミン•ミネラル点滴療法が受けられないか?と相談され、
興味が湧き、研究を行い、現代医学のエビデンスに合わせて再現しました。

ガビー医師はこの点滴処方をマイヤーズ・カクテル(Myers’cocktail)と名付け、11年間で1,000人の患者に15,000件の点滴療法を実施しました。
こうした活動が功を奏し、マイヤーズ•カクテルはガビー医師の研究によってその有効性が世間に認知されて、普及されました。以後、ガビー医師20以上の学会で数千人の医師に教育講演をし、今では全米で10,000人以上の医師がマイヤーズカクテルを治療に取り入れており、定番の点滴療法として多くの患者に提供されています。

マイヤーズカクテルの主な成分

左矢印右矢印

2_成分イメージ

マイヤーズカクテル療法は端的に表現すると、人間の身体の色々な細胞の反応を促す酵素の働きをサポートする補酵素(ビタミンB群、ビタミンC、ミネラル、グルタチオン)を大量に体内に入れる事により、身体の細胞の代謝が良くなると言う理論で成立している治療です。

マイヤーズカクテルで投与されるビタミンやミネラルなどの栄養素は、気づかないうちに慢性的な不足に陥っていると言われているものです。特に欧米化した現代人の食生活や、ストレスの多いライフスタイルにおいて、その傾向が顕著であると思われます。

マイヤーズカクテルでは、そのような成分を組み合わせた点滴を直接体内へ投与し、効果を発揮します。

マイヤーズカクテルの主な内容成分は下記の通りです。


◆ビタミンB群

◆ビタミンC

◆マグネシウム

◆カルシウム

◆グルタチオン

「ビタミンB1」
ビタミンB1は、糖質からのエネルギー産生と、皮膚や粘膜の健康維持を助ける補酵素です。また糖質を栄養源として使っている脳神経組織の正常な働きにも影響する栄養素です。
豚肉などに多く含まれている栄養素です。
疲労回復効果のある治療として有名なニンニク注射にはこのビタミンB1が多く含まれています。

「ビタミンB2」
ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持をサポートする働きがあるビタミンで、糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーにするなどの代謝を支える重要な働きをしています。
レバーやウナギ、乳製品に多く含まれている栄養素です。

「ビタミンB3」
ビタミンB3は正常な神経や消化器系の維持をサポートするビタミンです。
赤身の肉やナッツ類、魚などに多く含まれている栄養素です。

「ビタミンB5」
ビタミンB5は副腎の機能を高める補酵素であり、パンテト酸とも呼ばれています。
免疫力のアップ、抗ストレス作用のあるビタミンで、鶏肉や大豆、アボカド、ビール酵母、ブロッコリーや牛肉などに多く含まれている栄養素です。

「ビタミンB6」
ビタミンB6は、アミノ酸の再合成をサポートする補酵素として働きます。
免疫機能の正常な働きの維持や赤血球のヘモグロビンの合成、神経伝達物質の合成などの生理作用もあります。
赤身の魚や、ヒレ肉やささみなどの脂が少ない肉類に多く含まれています。
カツオやバナナなどにも多く含まれている栄養素です。

「ビタミンB12」
ビタミンB12は、補酵素として葉酸の代謝やアミノ酸の代謝、赤血球中のヘモグロビン生成をサポートする役割がある成分です。また、脳からの指令を伝える神経を正常に保つ役割もあります。ビタミンB12は、動物性食品に含まれています。特に多く含む食品は、かきなどの魚介類やレバーなどです。ビタミンB群をまとめると皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

「ビタミンC」
ビタミンCは補酵素の代表的な存在であり、体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンというたんぱく質をつくるのに不可欠です。また、有害な活性酸素に対する抗酸化作用が非常に強く、メラニンを減少させ、白く還元することでシミを改善する作用や肌の保水力を促進させつつ、皮脂の過剰分泌を抑制する作用など美容効果に優れており、また抗ストレス効果や様々な疾病に対する免疫力強化、疲労回復効果、生活習慣病の予防効果などもあります。
マイヤーズカクテルと同じく、点滴による静脈投与によって大量のビタミンCを体内に入れる高濃度ビタミンC点滴両方は抗ガン治療として研究が進められていることも有名です。
ビタミンCはレモンやオレンジ、イチゴなどの果物類やパプリカやブロッコリーかぼちゃなどの野菜類、芋などの食材に多く含まれています。

「マグネシウム」
マグネシウムは補酵素として300種類以上の酵素の働きを助けていています。正常な筋肉や神経機能の維持を助け、規則正しい心臓の律動や丈夫な骨を維持します。
また、エネルギー代謝やタンパク質合成にも関わっています。
また、カルシウムと拮抗して筋収縮を制御したり、血管を拡張させて血圧を下げたり、血小板の凝集を抑え、血栓を作りにくくしたりする作用もあります。
マグネシムが体内に不足すると、体内で上記のような働きが円滑に行われなくなり、疲れやすい、何となくだるい、イライラするなどの症状が現れやすくなります。

「グルタチオン」
グルタチオンは肝臓で作られるアミノ酸の一種で、強力な抗酸化作用があるので、人間の身体を錆びつきから守ってくれる代表的な成分です。
過酸化水素や過酸化脂質を還元するので、老化防止の作用があります。
肌における美白作用やメラニン抑制があるのでビタミンCと同様に美容効果があることでも有名です。また、肝臓の解毒を助ける働きもあり、アルコールによる肝障害にも効果が期待できます。ビタミンCと同様に高濃度のグルタチオン点滴も美容クリニックで数多く提供されています。
当院では上記の成分を患者様の症状に合わせて、医師が使用量や組み合わせを決定いたします。

マイヤーズカクテルの効果、治療が適している方

左矢印右矢印

マイヤーズカクテルの効果

マイヤーズカクテルは基本的には栄養素であるビタミン・ミネラルなどを体内に大量に送り込む事によって、疲労回復効果が期待できる点滴療法ですが、下記に挙げられるような幅広い疾患に対する効果も期待できます。気管支喘息、偏頭痛発作、慢性疲労、線維筋痛症、こむら返り、疲労回復、鬱病自律神経失調症、生理不順、甲状腺機能亢進症、月経前症候群、月経困難、心不全、狭心症、インフルエンザ、感冒、耳鳴り、急性上気道炎、慢性蕁麻疹、慢性副鼻腔炎アレルギー性鼻炎、肌荒れ、子宮頸がんワクチン副作用、歯周病、更年期症状など。

上記症状のお悩みの方は是非お気軽にご相談くださいませ。また、運動能力を向上させたいアスリートの方にもお勧めの治療です。

マイヤーズカクテル療法の治療の流れ

お電話での診察のご予約をお取りください。初回は、医師の診察が必要です。点滴時間は30分程度、頻度は週1~2回ですが、症状に合わせて治療頻度などもご相談し、決めていきます。

高濃度ビタミンC点滴と併せて治療される場合は、初診時に医師の診察を行った上で、腎機能や肝機能をチェックするための採血およびビタミンC点滴を行えない特殊な溶血体質がないかどうか(日本人には非常に稀な疾患であるG6PD欠損症の有無)の血液検査(G6PD検査)を行います。採血結果において、腎機能・肝機能に問題がない、およびG6PD欠損症がない事が確認されましたら、高濃度ビタミンC点滴にマイヤーズカクテルを追加しての点滴が開始できます。簡易的な採血検査で所要時間は1分で終わります。

マイヤーズカクテル療法のリスク・副作用

マイヤーズカクテル療法は元来、人間の体の中に存在する栄養素であるビタミンとミネラルの点滴療法なので、リスク・副作用は殆どなく、安全な点滴療法ですが敢えて挙げるとすれば、血管痛が起きる場合がございます。
点滴治療メニュー全般に言えることですが、点滴刺入部に局所的な痛みを感じることがあります。
術中に痛みを感じた場合はスタッフにお声掛けくださいませ。点滴を落とす速度を遅くして、局所を温めるなどの対応を行います。

いかがでしたでしょうか。
今回はマイヤーズカクテル療法についてお伝えさせていただきました。
治療についてご検討されている方、一度試してみたいという方は是非一度お気軽に診察にお越しくださいませ。

AGA

関連記事

LIST OF COLUMN


2021/04/01 AGA フィナステリドとミノキシジルの効果|併用療法や男女での違いも解説

2021/03/30 AGA AGAの内服治療 「いつ生える?」の発毛経過とボリューム変化

2021/03/29 AGA 年齢で考えるAGA治療「何歳からスタートすべき?」が愚問なワケ

2021/03/27 AGA 【クリニック監修】AGA治療薬の服用は一生続く?服用量の変化は?

2021/03/14 AGA オナニーでAGA!?薄毛・抜け毛・ハゲるとされる理由 3説のウソ

2021/03/13 AGA 白髪でも薄毛(AGA)治療は可能? 黒髪が生える?白髪は治る?

2021/03/03 AGA 薄毛外来「AGA専門クリニック」はここをチェック(5項目)!

2021/01/06 AGA This post

2021.04.01

AGA

フィナステリドとミノキシジルの効果|併用療法や男女での違いも解説


2021.03.30

AGA

AGAの内服治療 「いつ生える?」の発毛経過とボリューム変化


2021.03.29

AGA

年齢で考えるAGA治療「何歳からスタートすべき?」が愚問なワケ


2021.03.27

AGA

【クリニック監修】AGA治療薬の服用は一生続く?服用量の変化は?


2021.03.14

AGA

オナニーでAGA!?薄毛・抜け毛・ハゲるとされる理由 3説のウソ


2021.03.13

AGA

白髪でも薄毛(AGA)治療は可能? 黒髪が生える?白髪は治る?


2021.03.03

AGA

薄毛外来「AGA専門クリニック」はここをチェック(5項目)!


2021.01.06

AGA

This post