×
治療一覧
医院一覧
記事一覧
WEB問診
予約の方へ
インフルエンサー向け
各種情報

WEB予約

LINE予約

WEB予約

LINE予約

AGA

AGAの内服治療 「いつ生える?」の発毛経過とボリューム変化



左矢印

AGAに対する内服治療について、どれくらいの時間を経てどのように生えてくるのかの一般的なところをご紹介します。生える生えると言われても、具体的な時期やボリューム感などが今一つイメージできないと思いますので、当コラムでご確認ください。

AGA治療の発毛経過 「個人差が大きい」が大前提

左矢印右矢印

薄毛男性

AGAで内服治療をスタートした場合の発毛経過は、正確には患者さまによって異なります。治療開始前の毛髪ボリュームや薄毛進行具合によって、効果を実感しやすい場合もあればなかなか効果が実感できないケースも考えられます。また、見た目の状態がほぼ同じであってもお薬の効き方にも個人差があります。

このようなことから、一概に同様の発毛経緯を辿るとは言えないのですが、おおよその目安として当コラムでは一般論で発毛変化をご紹介いたします。必ずしもこうなるという性質のものではないことを前提にご覧ください。

第一段階:初期脱毛(2・3週間目~3ヶ月目くらいまで)

ご存じない患者さまは少し驚かれるかもしれませんが、「プロペシア」など主要なAGA治療薬の服用を開始すると、一時的な現象として「初期脱毛」と呼ばれる反応が起こります。端的に申し上げると、毛髪が普段よりも多めに抜け落ちます。ごそっと短期的に抜け落ちる場合もあれば、1~2ヶ月程度かけてじわじわと抜けていくケースもあります。
初期脱毛は聞いているサイン

初期脱毛について何も知らされていないと、「治療薬が効くどころか悪化してるんじゃないの!?」と強い焦りや憤りを覚えてしまうことも考えられます。ですが、この初期脱毛は長くても3ヶ月くらいまでで収まりますので、まずはこのような反応が起こり得ることをご承知ください。 これはお薬の有効成分である「フィナステリド」や「デュタステリド」が反応し、乱れていたヘアサイクルを整え始めたサインのようなものです。

AGAになると「ジヒドロテストステロン(DHT)」という悪玉化した男性ホルモンの影響を受けて、弱々しく細い「軟毛(なんもう)」が増えてしまうのですが、治療薬の効果により弱体化した毛髪を下から押し出すようなイメージでヘアサイクルの再調整が起こります。

毛量にお悩みの患者さまにとって、初期脱毛は一時的に不安を感じさせる作用に他なりませんが、これは治療薬が効き始めた証拠のようなものです。初期脱毛を経れば軟毛は大幅に減り、その後にはしっかりと育つ能力を備えた髪が生え始めます。

第二段階:3ヶ月経過 効果が少し感じられ始める

「初期脱毛」を経て3ヶ月程度経過すると微かな手応えではあるものの、なんとなく髪全体にハリやコシが出てきたように感じられるのが一般的です。この段階である程度はっきりと効果がご実感いただける場合もあれば、「少し変わってきたような…?」というニュアンスに留まることもあるでしょう。

治療中のクリニックで段階的に写真撮影をしていると、客観的に過去のものと比較できるため、患者さま目線でも「こうして見れば確かに少し変化してきましたね」とお感じになることも多いです。職場の同僚やご家族など、対外的にはその違いに気づくケースは稀ですが、それでも着実に新しい毛髪が育ち始めている時期と言えるでしょう。

なお、一般的にAGA治療では「最低でも3ヶ月間から半年ほど継続してください」と案内されます。 これは、上述の初期脱毛を経てようやく少し新たな芽生えが起こり、それを実感するまでに時間経過を要するからです。

第三段階:半年経過 頭頂部のボリューム感が増してくる

内服治療の開始後、半年程度を経過すると一般的に頭頂部のボリューム感で変化をご実感いただけることが多いです。特にこれまで少し地肌が透けていたという場合に、頭皮が見えにくくなってきたり、「もうほとんど見えなくなった!」という嬉しい変化に気づかされます。

男性型脱毛症(AGA)の薄毛タイプにもO字型やM字型などいくつかのモデルがあるのですが、特に「頭頂部」や「生え際(前頭部)」はジヒドロテストステロン(DHT)が産出されやすい部位になっています。遺伝的な傾向によってこの部位に「5αリダクターゼ」と呼ばれる還元酵素が多い場合、こちらの酵素と善玉男性ホルモンの「テストステロン」が結びつき、DHTが産出されて軟毛化が進んでしまうのです。

AGA治療薬の「フィナステリド」や「デュタステリド」の効果として、上記「テストステロンと5αリダクターゼの結合」が阻害されますので、半年程度経過すると頭頂部などで本来あるべき状態(DHTの影響を受けていない状態)に落ち着いていくというわけです。M字部分の生え際にも同時に効果が感じられることもございますが、どちらかと言えば先に頭頂部の方でボリューム感の違いに気づくことが多くなっています。

第四段階:1年経過 生え際なども発毛を実感できる

AGA治療薬の服用を開始して1年程度経過すると、頭頂部だけではなく生え際などの透け感にもある程度の変化が訪れるのが一般的です。もちろん、元々かなり毛量が少なかった患者さまの場合に全てフサフサになるような効果までは考えにくいですが、治療開始時にやや薄毛が気になっていたというレベルであれば、この段階になるとある程度不安感は拭い去られると思います。

毛髪のボリュームが変化して見た目が若々しくなってくると、対人的にも生活面でも前向きになりやすく、以前よりもアクティブになったというケースも少なくありません。外見の変化は内面にも良い影響を与えますので、このまま対外的な積極性を維持していただき、より若々しいライフスタイルをご堪能いただきたいと思います。

要注意:服用をストップすると徐々に元に戻っていくのが通常

左矢印右矢印

注意事項

治療経過ということで「発毛効果」ばかりにスポットを当てると、生えれば「任務遂行完了」というイメージを持たれるかもしれません。しかしながら、AGA治療はまだ現在のところ「根本療法」ではなく「対症療法」に過ぎません。つまり、お薬の力で症状を抑制したり軽減しているもので、治療薬の服用をストップするとまた徐々に元に戻っていくのが一般的です。

このため、上述のような「第四段階」まで来たからと言って、それで「Goal=お疲れさま」というわけには行かず、継続していただくことが大切になってきます。適切な生活習慣を維持しつつ、日々の服用を継続いただき、その中で効果の安定を図っていただきたいと考えています。

治療薬は主に2種類あります

左矢印右矢印

ロングラン

お薬の効能に着目した場合、AGA治療薬は一般的に2つのタイプに分かれ、どのお薬を選ぶかによって毛髪変化の経過(効果の現れ方)が変わってきます。

 AGA治療薬の2種類(効能に着目した分類) 


1. 前頭部や頭頂部に多く存在し得る「5αリダクターゼ」という還元酵素に作用し、薄毛因子DHTの産出を抑制するもの

2. 「血管拡張作用」によって頭皮上の血流改善を促し、各毛根にしっかり栄養供給されるように促すもの

前項でご案内させていただいた治療経過の一般論に関しては、プロペシアという治療薬の「フィナステリド」という成分や、ザガーロという治療薬の「デュタステリド」という有効成分にフォーカスしたものです(上記①に該当)。もうひとつ、AGA治療薬にはCMなどで有名な「ミノキシジル」と呼ばれるものがあり、こちらについては血流の改善によって発毛力の回復を図るものになっています(上記②に該当)。

耳慣れているということもあり「ミノキシジル」が効きそうだと判断される患者さまも多いですが、毛髪の薄毛化(AGA症状)は本質的にDHTの産出を抑制しなければ治まることはありません。つまり、どちらか一方を選ぶということであれば、まずは①に該当する「プロペシア」か「ザガーロ」をお選びいただいた方が効果をご実感いただきやすくなります。

「ミノキシジル」については、DHT産出を抑制した上でプラスαの効果を狙う場合や(プロペシアやデュタステリドに併せるという意味)、そこまで明確な薄毛化はないものの育毛剤のような形で初期段階でフォローしたい場合などに向いています。ミノキシジルが効かないということではありませんが、これのみでは前項のような治療経過(発毛効果)を期待するのはやや難しいですので、この点はご理解いただきたいと思います。

長い道のりなので早めにスタートを♪

左矢印右矢印

長期で対応

当コラムでは、AGA内服治療の発毛経過を一般的な流れに沿ってご紹介しました。繰り返しになりますが、ご案内させていただいたのは「大きな個人差のある治療効果」についてです。元々の状態なども影響しますので、一つの目安としてお考えください。

AGA治療の発毛経過イメージ(目安) 

Step1. 初期脱毛【2・3週間~3ヶ月】
Step2. 微小効果の発現【3ヶ月経過】
Step3. 頭頂部ボリューム感の増加【6ヶ月経過】
Step4. 生え際などの発毛を実感【1年経過】

ある程度しっかりと効果をお感じいただくためには、半年から1年程度の期間が必要になります。早くスタートしていただいた方が治療効果の現れ方も早くなりますので、少しでもご不安をお持ちであればこれを機に当院へのご相談をご検討ください。

「見える化された治療」を選ぶのが吉!

当院では、各患者さまの頭髪毛量変化を逐一画像として記録させていただき、ご自身の治療経過をビフォーアフターでご実感いただきやすく整えています。「治療効果の見える化」によって安心して服用をご継続いただけ、モチベーションアップにも貢献します。ぜひ丁寧な画像診断をしている医療機関をご選択ください。

随時無料カウンセリングを受け付けておりますので、お気軽にお問合せいただければと思います。皆さまのご相談をお待ちしております。

AGA

関連記事

LIST OF COLUMN


2021/04/01 AGA フィナステリドとミノキシジルの効果|併用療法や男女での違いも解説

2021/03/30 AGA AGAの内服治療 「いつ生える?」の発毛経過とボリューム変化

2021/03/29 AGA 年齢で考えるAGA治療「何歳からスタートすべき?」が愚問なワケ

2021/03/27 AGA 【クリニック監修】AGA治療薬の服用は一生続く?服用量の変化は?

2021/03/14 AGA オナニーでAGA!?薄毛・抜け毛・ハゲるとされる理由 3説のウソ

2021/03/13 AGA 白髪でも薄毛(AGA)治療は可能? 黒髪が生える?白髪は治る?

2021/03/03 AGA 薄毛外来「AGA専門クリニック」はここをチェック(5項目)!

2021/01/06 AGA This post

2021.04.01

AGA

フィナステリドとミノキシジルの効果|併用療法や男女での違いも解説


2021.03.30

AGA

AGAの内服治療 「いつ生える?」の発毛経過とボリューム変化


2021.03.29

AGA

年齢で考えるAGA治療「何歳からスタートすべき?」が愚問なワケ


2021.03.27

AGA

【クリニック監修】AGA治療薬の服用は一生続く?服用量の変化は?


2021.03.14

AGA

オナニーでAGA!?薄毛・抜け毛・ハゲるとされる理由 3説のウソ


2021.03.13

AGA

白髪でも薄毛(AGA)治療は可能? 黒髪が生える?白髪は治る?


2021.03.03

AGA

薄毛外来「AGA専門クリニック」はここをチェック(5項目)!


2021.01.06

AGA

This post