×
治療一覧
医院一覧
記事一覧
WEB問診
予約の方へ
インフルエンサー向け
各種情報

WEB予約

LINE予約

WEB予約

LINE予約

AGA

年齢で考えるAGA治療「何歳からスタートすべき?」が愚問なワケ



左矢印

「AGA治療は何歳からスタートすべきですか?」という疑問を多くの患者さまからお寄せいただきます。これに対する適切な回答は「現在薄毛症状を何かしらお感じなのであれば、今がベストなタイミングです」となります。なぜ「〇歳くらいのスタートがベストです」と言い切れないのか、その理由について薄毛症状の「病名の移り変わり」を交えてご説明いたします。また最近毛髪の量が気になり始めたという方当院ではオンライン診察を実施しており、トライアルでは月1400円という破格の値段でAGA治療を実施できます。本窓口は当LINEからになるので、是非ともお気軽にご相談ください。

友だち追加

AGA(男性型脱毛症)はどの年代でも発症し得る薄毛症状!

左矢印右矢印

AGA 白髪

「男性型脱毛症」という言葉で広く知られるようになったAGAは、成人以降の男性の頭皮上でどのタイミングでも発症し得る薄毛症状です。AGAという言葉が使われるようになる以前は、男性の薄毛症状を年齢別に切り分ける考え方が主流でした。

「若年性脱毛症」や「壮年性脱毛症」と年齢で分類していたのは過去の話

大きなストレスなど精神的な影響を受けたものでない「漠然とした薄毛症状」については、次のような名称を当てて年齢を軸に分類するのが一般的でした。

 薄毛症状を年齢で切り分けていた時の病名 


◆若年性脱毛症…20代や30代前半くらいまでの若い年齢層に生じている薄毛症状

◆壮年性脱毛症…30代後半以降から50代くらいまでのミドルエイジに生じている薄毛症状

上記に当てはまる場合でも、心因性のもので特徴的な丸い脱毛斑が現れるものは「円形脱毛症」として別途区分する形を取っていました。

つまり、現在では上記の2つの名称はあまり使われることがなくなり、特別にその薄毛症状の年齢にフォーカスしたい場合にのみ「若年性脱毛症」や「壮年性脱毛症」という言葉が使われています。逆に表現するなら、現在ではいずれの場合にもAGAという言葉を当てることが多く、原因を捉えた名称を用いる方が適切だという考え方が主流になってきています。

AGA(男性型脱毛症)という言葉で集約され始めたのには意味がある!

AGAという言葉が広く浸透し始めたのは、男性特有の薄毛症状が「遺伝傾向によって作動するメカニズム」であることがある程度明確になってきたからです。ストレートに申し上げると、成人以降の薄毛症状を年齢で切り分けることに大きな意味がないことがわかってきたからです。

第二次性徴期が落ち着いて骨格面や性機能上ある程度大人として安定してきた男性であれば、「男性ホルモン」の影響を受けて薄毛メカニズムが発動してしまう可能性が20代にもあります。よって、「若年性」だからこうすべき、「壮年性」ならこうすべきという対処法ではなく、薄毛メカニズムが発動し始めたのであれば、年齢を問わずその遺伝的傾向に速やかに対処するのが正しいのです。

つまり、現在では上記の2つの名称はあまり使われることがなくなり、特別にその薄毛症状の年齢にフォーカスしたい場合にのみ「若年性脱毛症」や「壮年性脱毛症」という言葉が使われています。逆に表現するなら、現在ではいずれの場合にもAGAという言葉を当てることが多く、原因を捉えた名称を用いる方が適切だという考え方が主流になってきています。

年齢別に考えるAGA治療の効果(一般的な傾向)

左矢印右矢印

薄毛男性

冒頭にも申し上げました通り、「AGA治療は何歳からスタートすべきですか?」の適切な回答は「薄毛症状を感じ始めたのなら今です」ということになります。ただし、傾向として「この年代のAGA内服治療ではこういう効果になりやすい」というものはある程度ございます。

「自分が今治療を開始した場合にどのような効果になるのか?」を推し量る目安にはなりますので、治療効果の現れ方について年齢別の傾向を確認しておきましょう。

【20代のAGA治療】明確な効果を実感しやすい

以前「若年性脱毛症(若ハゲ)」という言葉が使われていたことからもわかるように、20代であってもAGAによる薄毛症状を発症し始めるケースがあります。ただし、この年代で男性ホルモンのみを起因とした薄毛症状が顕著になることは比較的少なく、どちらかと言うと複合的な要因が絡んでいるケースが多いです(睡眠などで不規則な生活、ストレス過多な環境、食生活の悪さなど+遺伝的傾向の複合パターン)。

AGAの内服治療では、各患者さまの生活習慣を伺いながらライフスタイルのアドバイスなども交えますので、20代で治療をスタートした場合の多くは薄毛症状の顕著な回復が期待できます。必ずしもそうなるというわけではありませんが、薄毛要因を取り除きやすく、また薄毛進行レベルも軽度であることから、回復見込みは大きなものが期待できます。

【30代のAGA治療】十分な効果を実感できるケースが多い

危機意識への対処が比較的早いタイプの男性は、30代でAGA治療をスタートされることが多いです。もちろん、薄毛の進行レベルは患者さま次第ですので30代でもかなり進行してしまっているケースもございますが、相対的には「薄くなり始めているかな?」と良く見ればわかる段階が多いでしょう。

治療薬でしっかりと薄毛因子DHT(ジヒドロテストステロン)をブロックしてやれば、3ヶ月程度で回復の兆しを本人レベルでご実感いただけるのが一般的です。「初期脱毛」と呼ばれる段階を経た後は、抜け毛の量が徐々に減っていきますので、少しずつ着実に毛量が戻っていき、悪化を食い止めるだけでなくまだまだ回復が狙いやすい時期だと言えるでしょう。もちろん、30代前半の方が効果を期待しやすいのは言うまでもありません。

【20代のAGA治療】明確な効果を実感しやすい

以前「若年性脱毛症(若ハゲ)」という言葉が使われていたことからもわかるように、20代であってもAGAによる薄毛症状を発症し始めるケースがあります。ただし、この年代で男性ホルモンのみを起因とした薄毛症状が顕著になることは比較的少なく、どちらかと言うと複合的な要因が絡んでいるケースが多いです(睡眠などで不規則な生活、ストレス過多な環境、食生活の悪さなど+遺伝的傾向の複合パターン)。

AGAの内服治療では、各患者さまの生活習慣を伺いながらライフスタイルのアドバイスなども交えますので、20代で治療をスタートした場合の多くは薄毛症状の顕著な回復が期待できます。必ずしもそうなるというわけではありませんが、薄毛要因を取り除きやすく、また薄毛進行レベルも軽度であることから、回復見込みは大きなものが期待できます。

【40代のAGA治療】理想論から言えばやや遅い、現状維持は狙いやすい

40代でAGA治療をスタートする患者さまの場合には、ある程度薄毛症状が顕著になってきているケースが多いです。明確な頭皮露出とまでは言えないものの、自他共に薄毛傾向が捉えられるような患者さまが少なくありません。

「まだ大丈夫だろう…」と少し先延ばしにしてきた薄毛対策に対して、「もうそろそろ開始しないとマズいかも?」という危機感と共に本腰を入れ始めたようなイメージになりますので、理想論で言えば幾分遅いスタートということになります。

「まだ大丈夫だろう…」と薄毛症状を感知し始めた時期が治療開始のベストタイミングであったため、ある程度明確に頭皮が見えているような場合には、その部分の明確な発毛回復までは狙いにくくなっていきます。全ては患者さまの頭皮環境次第ではありますが、一般的に「発毛回復」よりも「現状維持」、もしくは「現状維持プラスα」のような治療効果になりやすい段階です。

【50代のAGA治療】白髪が目立ち出すものの「現状維持」なら何とか…

「白髪が生えてきたらもうAGA治療薬は効かない」という誤った認識をされている患者さまもおられますが、実際のところ白髪が生えていてもAGA治療自体は有効です。白髪を形成してしまうのは(あるべき色素が届かないのは)、「メラノサイト」と呼ばれる色素形成細胞が黒いメラニン色素を毛母細胞に供給できなかったためです(薄毛メカニズムとは全く別の作用です)。

白髪が多くなってきた50代以降であっても、「現状維持」を狙う分にはまだ効果が期待できる場合が少なくありません。ただし黒髪がふさふさと戻ってくるというよりも、白髪の形で発毛したり抜け毛の本数が減るなどの限定的な効果になる印象です。

また、頭皮がかなり露わになってしまっている白髪の少ない薄毛症状の患者さまのケースでは、「悪化抑制プラスα」を狙うようなイメージになり、「もしかすれば多少の毛量回復もあるかも…」という期待値になってしまうかもしれません。DHT(ジヒドロテストステロン)の影響がどの程度なのかは患者さまの遺伝傾向次第ですが、薄毛症状が明確に進行している場合には治療効果の現れ方はやはり少なくなってしまいます。

ただし、何もしなければ悪化の一途をたどるのがAGAの薄毛メカニズムですので、少しでも「現状維持プラスα」を願うのであれば早めにご相談された方が良いでしょう。

【結論】AGAは年齢ではない、ただし一般的に早期治療ほど有効!

左矢印右矢印

なぜ、このようにAGA治療薬は白髪の色素(髪の色味)には作用せず、発毛力を取り戻す(あるいは薄毛傾向を抑制する)ことには貢献するのでしょうか。その謎を「AGAのメカニズム」と「白髪のメカニズム」を紐解きながら解説します。

最近毛髪の量が気になり始めたという方、どうぞお気軽に当院までご相談ください。

当院ではオンライン診察を実施しており、オンライン限定の定期処方ではミノキシジル+フィナステリドが月8800円(税抜)と
いう破格の値段でAGA治療を実施できます。本窓口は当LINEからになるので、是非ともお気軽にご相談ください。

友だち追加

AGA

関連記事

LIST OF COLUMN


2021/04/01 AGA フィナステリドとミノキシジルの効果|併用療法や男女での違いも解説

2021/03/30 AGA AGAの内服治療 「いつ生える?」の発毛経過とボリューム変化

2021/03/29 AGA 年齢で考えるAGA治療「何歳からスタートすべき?」が愚問なワケ

2021/03/27 AGA 【クリニック監修】AGA治療薬の服用は一生続く?服用量の変化は?

2021/03/14 AGA オナニーでAGA!?薄毛・抜け毛・ハゲるとされる理由 3説のウソ

2021/03/13 AGA 白髪でも薄毛(AGA)治療は可能? 黒髪が生える?白髪は治る?

2021/03/03 AGA 薄毛外来「AGA専門クリニック」はここをチェック(5項目)!

2021/01/06 AGA This post

2021.04.01

AGA

フィナステリドとミノキシジルの効果|併用療法や男女での違いも解説


2021.03.30

AGA

AGAの内服治療 「いつ生える?」の発毛経過とボリューム変化


2021.03.29

AGA

年齢で考えるAGA治療「何歳からスタートすべき?」が愚問なワケ


2021.03.27

AGA

【クリニック監修】AGA治療薬の服用は一生続く?服用量の変化は?


2021.03.14

AGA

オナニーでAGA!?薄毛・抜け毛・ハゲるとされる理由 3説のウソ


2021.03.13

AGA

白髪でも薄毛(AGA)治療は可能? 黒髪が生える?白髪は治る?


2021.03.03

AGA

薄毛外来「AGA専門クリニック」はここをチェック(5項目)!


2021.01.06

AGA

This post